TOP > 杜鵑(ホトトギス) > | 第84号(2007.02.01)

杜鵑(ホトトギス) NEWS

第84号(2007.02.01)

滋賀のええとこ「かもしか温泉」

滋賀県と三重県の県境にある「かもしか温泉」は、日頃の喧噪を忘れさせる独特の趣があり、鈴鹿山麓の自然に囲まれた、趣き深い温泉地です。

近くには野洲川の清流が流れ、周りの山々は四季折々に表情を変え、いつ訪れても、その季節ならではの風情を醸し出しています。

これからの季節は、露天風呂から観る幻想的な霧氷が格別です。

名湯を堪能した後は、名物の「ぼたん鍋」を味わってみてはいかがでしょうか。

泉質 炭酸水素塩泉、放射能泉
効能 美肌作用・胃炎・胆石・痛風・リューマチ・動脈硬化症・高血圧・自律神経失調症
料金 大人 :500円
小人(小学生以下):300円
営業時間 AM10:00~PM8:30
(第2・4月曜/PM5時~)
交通機関 JR草津線三雲駅からバスで「大河原」下車すぐ
お問い合わせ 国民宿舎かもしか荘
TEL.0748-69-0344

お茶を使った料理「三色雛ババロア」

紅茶も日本茶も、どちらをお伴にしても心和みそうなデザートです。
お茶のグリーンが、大地に萌えるような若草のようで、とても優しい彩りになりました。
大人から子供まで、あらゆる方々に喜んでいただけるのではないでしょうか。

●材料(4人分)
ゼラチン 大さじ2・1/3
大さじ4
【A】
卵黄 3個
砂糖 100g
少々
片栗粉 小さじ1
牛乳 1・1/2カップ
生クリーム 1カップ
【緑の生地】
粉末茶or抹茶 大さじ1
抹茶リキュール 少々
【ピンクの生地】
天然紅 適量
苺エッセンス 適量
【クリームの生地】
バニラエッセンス 適量
●つくり方
1. ゼラチンをふやかす
ゼラチンを水に振り込みふやかしておく。ふやけたら、湯せんにかけて丁寧に溶かしておく。

2. ババロア生地を作る
(1) ボールに卵黄、砂糖、塩、片栗粉を入れて白っぽくなるまでかき混ぜ、滑らかに仕上げる。

(2) 牛乳を温めて少しずつ加え、(1)をのばす。鍋に移して弱火にかけ、かき混ぜて沸騰直前に火からおろす。

(3) 粗熱を取って1のゼラチンを合わせる。漉してひやし、とろみがついたら生クリームを加えて、3等分する。

3. 三色の生地を作る
生地を3等分して、1つには、粉末茶を加えて香りに抹茶ルキュールを入れた生地を作る。
ピンクの生地は、天然紅を落として色づけし苺エッセンスで香りをつけて作り、白い部分にはバニラエッセンスを落としただけの生地を使う。

4. 冷し固める軽く
サラダ油でふいた流し箱に一色の生地を流し入れて冷し、固まったらその上に次の一色を流し入れて固め・・・と順に入れて冷蔵庫で冷し固める。

5. 切り分ける
菱餅などに見立て、適宜に切り分ける。

●料理のコツ
見た目を優しい色合いに仕上げるためには、色づけが大切です。お茶の量や溶き加減、天然紅の使い方などにご注意ください。
切り口がきれいに三色三段に見えるように、各色の生地を固めていく際に、表面が滑らかになるように均すことを忘れないでください。


(RYOKUCHAVol.4)

お知らせ
Toppics
イベント情報
Event
杜鵑(ホトトギス)
Hototogisu
道しるべ
Michishirube
とくダネ!
Tokudane
  • 贈り物にも最適!オンラインショップ
  • 喫茶WITH TEA
  • 滋賀B級グルメバトル 2年連続優勝
  • 朝宮茶とは
  • 山本園 Facebook
  • Amebaブログ
  • Twitter
  • WithTea Youbue
  • Twitter
  • Instagram