TOP > 杜鵑(ホトトギス) > | 第88号(2007.06.01)

杜鵑(ホトトギス) NEWS

第88号(2007.06.01)

「カテキン効果」 緑茶で脳梗塞リスク激減!!

緑茶が脳梗塞(のうこうそく)の危険を抑えるという研究結果が出て、注目を集めています。

緑茶を1日5杯以上飲むと脳梗塞の死亡リスクが大きく下がるとの研究結果を、栗山進一東北大准教授(公衆衛生学)らがまとめました。

緑茶に含まれる渋み成分の「カテキン」が効果を発揮している可能性が指摘されています。

栗山進一東北大准教授らは、1994年から宮城県内の40~79歳の男女約4万500人を追跡調査し、1日に緑茶を飲む量で4グループに分け分析しました。

その結果、脳や心臓など循環器系の病気の死亡リスクは、緑茶を飲む量が多いほど低下し、1日に1杯未満の人に比べ、5杯以上飲む人は男性は22%、女性は31%低下しました。

脳血管障害では、男性は35%、女性は42%低下しました。

特に脳梗塞はリスクが低くなり、男性は42%、女性は62%低下するとの結果がでました。

脳梗塞は、血管が詰まって引き起こされる脳血管疾患で、医療関係者からは「欧米型の食事や運動不足などが原因で増えている」との指摘があります。

厚生労働省の2004年人工動態調査によると、脳梗塞による死亡者は年間7万9000人で、患者は100万人以上とみられています。

海外でも緑茶人気は上がっており、米大リーグ、ニューヨーク・ヤンキースのトーリ監督も愛飲家として有名です。

タイなどのスーパーマーケットでも、日常的に販売されています。緑茶を多く飲む人に長生きの傾向があることが判明し、ますます注目度が上がりそうです。

栗山進一東北大准教授は、「予想以上の差があり驚く結果だ。緑茶に含まれるカテキンなどが体に良い影響を与えている可能性がある」と話しています。

(スポーツニッポン【平成19年5月5日(土)】記事より)

お知らせ
Toppics
イベント情報
Event
杜鵑(ホトトギス)
Hototogisu
道しるべ
Michishirube
とくダネ!
Tokudane
  • 贈り物にも最適!オンラインショップ
  • 喫茶WITH TEA
  • 滋賀B級グルメバトル 2年連続優勝
  • 朝宮茶とは
  • 山本園 Facebook
  • Amebaブログ
  • Twitter
  • WithTea Youbue
  • Twitter
  • Instagram