TOP > 当店のこだわり

当店のこだわりCONCEPT

当店のこだわりConcept

『最大たるより 最良たれ』

「近江の国 紫香楽 朝宮の地」に茶の実が植えられてからおよそ1200年、永い歳月に磨かれてきた日本最古の銘茶「朝宮茶」。

みどりの山里、せせらぎのほとりで丹念に摘み取られた「朝宮茶」は、恵まれた気候風土に培われ、その独特のかぐわしい味と香りは、歴代の天皇に献上されてきました。

創業明治3年、通商産業大臣賞受賞『山本園』は、緑ふくよかな茶畑から味と香りをそのままに「朝宮茶」をお届けいたします。

1200年の伝統ある日本最古の茶

西暦805年(延暦24年)比叡山延暦寺の開祖伝教大師(最澄)が、唐(中国)より茶の種子を持ち帰り「比叡山麓」の日吉大社あたり(現在の滋賀県大津市坂本)及び、西暦815年(弘仁6年)6月に嵯峨天皇の命により「近江の国紫香楽朝宮」の地に植えられたのが始めと伝えられています。

日本五大銘茶の一つ

朝宮茶はその上質な香りと、まろやかな旨味が高く評価され、日本五大銘茶の一つとして、広く茶人に愛好されています。日本五大銘茶は、朝宮(滋賀)、宇治(京都)、川根(静岡)、本山(静岡)、狭山(埼玉)です。

「通商産業大臣賞」受賞

日本一の栄誉である「通商産業大臣賞」を受賞。年々開かれる全国茶品評会等において、たびたび上位入賞を続け、歴代の天皇に献上されてきました。

土づくりと製法へのこだわり

標高300~450Mの高原で昼夜の寒暖の差が大きく、霧が発生しやすい気候風土の中で、有機肥料をたっぷり使った土づくりから始める栽培により、手間暇を惜しまず丁寧に育てた新芽を丹念に摘み取り、練達の技法でつくりあげたお茶は、まろやかな味と香りを醸し出しています。
お茶のうま味が豊富で、後味がさわやかなのが特徴です。色・艶・撚り、すべてに満足のいく出来栄えです。

原材料と品質へのこだわり

弊社のお茶は、近江の茶GAPに基づく茶園管理や製茶作業の点検と確認を行い、トレーサビリティ(生産履歴)を確立し、工程管理から素材管理までを徹底して行っております。
また弊社には、全国茶審査技術認定士:3名と日本茶アドバイザー:2名がおり、厳選した原材料と徹底した品質管理を行っております。お客様に自信を持ってお届けできる商品です。

  • 贈り物にも最適!オンラインショップ
  • 滋賀B級グルメバトル 2年連続優勝
  • 山本園 Facebook
  • Amebaブログ
  • Twitter
  • WithTea Youbue
  • Twitter
  • Instagram